■ ストップの割合について

__________________________

 

■ ストップの割合について

__________________________

 

 

 

ストップの割合ですが、

資金の1%とか3%など、あらかじめ決めてから

ロット数やPIPS幅を決めると良いと言いましたが、

 

 

 

10%ではどうでしょう?

とても大きいですよね?

 

 

 

ナンピンの手法なら、10%ぐらいは

どうという事はないんですが、通常の手法なら、

せいぜい3%程度がメンタル的にマシだと思います。

もちろん、5%まで大丈夫とか、4%までなら想定します、

とか、最初に自分のメンタルと相談しておくのが肝です。

 

 

 

仮に1%でストップ値を設定すると、

とてもメンタルが楽ですが、その分リミットも

小さくなりますので、バランスを考慮する必要があります。

 

 

 

1%でいくと、元金100万円の場合、

 

ドル円は1万通貨で、

ストップは100PIPSまでOKになりますね。

すると、リミットは同じ100にするか、

勝率を上げるなら、50PIPSにするか、

50PIPSまでいけばトレールに切り替えて

利益を伸ばすか、ですね。

 

 

 

ストップ100もいらない、

もっと速く決着をつけたいなら、

3万通貨にすると、ストップは33PIPSになりますね。

するとリミットは半分の16PIPSとか、

ご自身のメンタルや勝率と相談しながら

決める事ができます。

 

 

 

資金が10万円の場合は、千通貨や3千通貨など、

ゼロを1つ抜けばOKです。

 

 

 

ここで、リミットは決めずに、まずは

ストップを決める!のが鉄則です★

 

 

 

FXでも先物でも同じですが、

ストップありき、でトレードを始めるべきです。

コメントを残す

サブコンテンツ

最近の投稿

このページの先頭へ