■ ストップ狩りについて

__________________________

 

■ ストップ狩りについて

__________________________

 

 

ストップ狩り

という言葉を聞いた事があるでしょうか。

 

 

ポジにはストップを入れますよね?

そして、そのストップは、

割とキリの良い数字にする事が多いです。

 

 

ドル円なら100ジャストとか。

 

 

そういう注文が溜まると、

ブローカーとしては、

ストップにかかってユーザーが

負けた方が儲かるわけです。

 

 

その時点での相場が

99.7ぐらいだとして、

わざとスプレッドを拡げたり、

相場を100に行った事にして

ストップにかからせる事を、

ストップ狩りと言いますが、

 

 

このストップ狩りは、

「マリー」と言って、

お客さんの注文と他のお客さんの注文を

ぶつけて、インターバンクに投げずに

そのブローカー内で相殺してしまう事を

言いますが、

 

 

そのマリーをやっているような

ブローカーが、ストップ狩りもやってそうな

イメージが私の中にはあります。

 

 

確証はないものの、

明らかにおかしいやろ~!

ってチャートとかありますもんね★

 

 

そして、

最もひどいブローカーは、

いったん入金したお金を、

絶対に出金させないというところもあるようです。

 

 

告訴もんですよね(笑)

 

 

日本のブローカーでも

少し微妙なところがあるぐらいなので、

EAやらなんやら言う前に

ブローカー選びから始めるべきだと思います。

 

 

日本では、

ヒロセ通商が最も良いと思います。

即時入金に即時出金(!!)、割と狭いスプレッド、

スリッページはほぼゼロ、

スマホのアプリもバリバリ使いやすく、

PCでのアプリも使いやすいです。

 

 

 

日本人担当が複数人いてるのと、

対応が早いのと、

 

 

三井住友銀行に

円のままで普通に送金するだけで、

口座に反映してくれます。

 

 

どなたかがどれぐらいの時間なのか、

計測をしたデータがありまして、

国内の自分のネットバンキングから、

三菱東京UFJ銀行に送金の

確定のボタンを押すのを

 

 

よ~いどん!

として、

 

 

なんと11分後に、

 

自分の口座にその金額が反映されていたそうです。

 

 

これはもう、

クレジットカード並みの速さ。

 

 

 

この3年ほどで一気にトップブローカーに

躍り出ました。FXDDと2強です。

 

 

世界でのFXの顧客の内、

日本人が占める割合が3割もあるらしく、

ミセスワタナベはまだまだ健在で、

日本市場に向けて予算をかける価値が

あると判断したんでしょうね。

 

 

どんな些細な質問でも

ていねいに回答してくれます。

 

 

去年、

PAMMを始めるにあたって、

細かい事を聞きまくりましたが、

全てに対して適格なご回答をいただきました。

 

 

 

ストップ狩りなんかしないし、

なんならTPなのに、より有利なところで

約定している事が多いです。

 

 

いわば、

逆スリッページですね。

 

 

という事は、

本当にお客さんの注文をインターバンクに

投げているのかな~って思います。

 

 

そうそう、

出金に関しては、

2営業日ほどかかります。

 

 

外国のブローカーにしては早い方だと思います。

 

 

という事で、

ストップ狩りとは、

ブローカー選びの1つの視点でした。

コメントを残す

サブコンテンツ

最近の投稿

このページの先頭へ