■ スワップ金利について

__________________________

 

■ スワップ金利について

__________________________

 

 

スワップ金利とは、

通貨間の金利差で発生する金利、お金の事です。

 

 

例えば、豪ドル円の通貨ペアで、

買いを入れます。買いを入れるという事は、

円を売って豪ドルを買う、という意味なので、

 

 

円の金利を基準として、豪ドルの金利が発生します。

 

 

日本が0%とすると、豪ドルの金利は

2.75%なので、1万通貨の場合、

27500円を365日で割った金額が毎朝、

FX口座に入ります。

 

 

1日あたり75円程度ですが、FXブローカーの

利益もありますので、引かれて60円程度になります。

 

 

1万通貨を持つのに必要な証拠金は5万円程度で、

(日本のブローカーの場合)、口座に10万円を

入金したら、5円分の余裕しかなく、非常に危険です。

 

 

これを、100万円入金すると、95円分の下落まで

耐える事ができ、理論上破綻しません。

となると、100万円で年間3万円弱の金利収入なので、

年利3%弱という事になります。

 

 

1000万円程度あるなら、その内の100万円を

こういう使い方に回しても良いと思います。

ポートフォリオですね。

 

 

他には株式を購入して配当を得るとか、

外国の銀行口座を開設して、定期預金で

金利を得るとか、手堅いものをしつつ、

FXをするとよりメンタル面で負担が軽いでしょう。

 

 

この豪ドル円以外にも、スワップの発生する

ペアがほとんどなので、一度確認してみるのも

おもしろいと思います。

http://www.fxcm.co.jp/service/rate_swap.html

コメントを残す

サブコンテンツ

最近の投稿

このページの先頭へ