■ ナンピンについて

__________________________

 

■ ナンピンについて

__________________________

 

 

ナンピンとは、

資金が「たくさん」あれば、

負けない手法です。

1億円とか。。

 

ナンピンは、

いわば負けず嫌いの手法で、

そのエントリーを、

どんな事をしてでもプラスにするという、

非効率に見えて常に破綻のリスクがつきまといます。

 

 

例えばドル円で、

100円で買いました。

 

 

その後下がり、

99円になってしまいました。

 

 

ここで、

100円に戻るのを待つか、

99円でもう一度買えば、

買い値平均を99.5円にする事ができ、

 

 

そこぐらいなら

戻ってくるだろう、という期待が持てます。

 

 

この、

100円のポジションがありながら、

99円でもエントリーする事を、

ナンピンと言います。

 

 

確かに、

ナンピンは資金が潤沢にあれば、

負けません。

 

 

相場は基本的に、

上がったら下がり、

下がったら上がるので、

資金配分でロット数をきちんと

調整すれば、まず負けません。

 

 

しかし、

黒田砲により、

あらゆるナンピンEAが死にました。

 

 

ユーロ円が、

118円から130円まで、

ほぼ一直線に上げましたね。

 

 

こんな相場、

通常は想定しないですね。

 

 

ほんの数日で12円も上げるなんて

有り得なかったですから。

 

 

買いのみのEAである、

ソクラテスEAは当然、生き残っていますが、

ナンピンは資金量によるロット数の

調整やパラメータ設定が非常に難しいです。

 

 

ユーロドルで言えば、

1.28から1.34の間を行ったり来たり

してるだけなので、ナンピンEAの得意とする

相場ですね。

 

 

その間の600点に気を付けて、

さらに有事を考慮して、

1,200点ぐらいを想定しておけば、

たいがいの相場は無事に通過できそうです。

 

 

さらに、

資金配分でいえば、

10万円で0.01ロットが推奨ならば、

倍の20万円で0.01ロットにするとか、

もっと余裕を見て30万円で0.01ロットにするとかで

対応すると、メンタル面でかなり楽ですね。

 

 

となると、

含み損が減って気が楽ですが、

利益が少なくなってしまいますので、

外国の銀行の定期預金の方が

良い利回りを出す場合もあります。

 

 

要は、

いかにリスクを下げながら

利益を取っていくか、

という事なので、

 

 

それがFXだろうが定期預金だろうが、

株式だろうが、何だって良い訳です。

 

 

まぁここはFXのメルマガなので、

FXに特化した内容を中心にお話ししますが、

時々は、利益が出ればそれで良いので

そうした情報もお伝えしていきます。

 

 

ナンピンは、

麻薬のようなもので、

ついこの手法に集中してしまいがちです。

 

 

このままだと、

いつかは破綻する~!

と分かっていても「今は」

調子が良いので、つい頼ってしまいます。

 

 

特に円絡みでナンピンをしている方、

大丈夫ですか?

そのままではいつか破綻しますよ…。

 

 

かといって、

ドル絡みであっても、

デトロイト市が破綻しました。

今、QE3をしているにもかかわらず、です。

 

 

今のところ、

為替相場を見る限りは無影響ですが、

これが、アメリカ全土が破綻したなら、

ユーロドルはパリティすら割れるでしょう。

 

 

となると、

ナンピンの手法そのものが危険、

という事になりますが、

 

 

1つ、

こういうのはどうでしょう?

 

 

資金の1%等の含み損で強制決済や

金曜日の20時等に強制決済する、です。

 

 

まぁこれなら、

大きく資金が減る事はないでしょう。

 

 

そのかわり、

利益もその分減りますが。

 

 

要は、

どれだけリスクを取ったか、

で利益額が変わってきます。

 

 

リスクをあまり取れないのなら、

利益をあきらめないといけませんし、

 

 

リスクをたくさん取れるなら、

その分、利益額も大きいです。

 

 

リスクを取れる人は

口座がゼロ円になる覚悟が出来ていますし、

リスクを取れない人は、

少しでも自分の資金が減るのを嫌います。

 

 

ナンピン手法でいくからには、

最後まで行く末を見届けるぜ~!

という方は、ロット数を落としながら、

ず~っと回すべきだと思います。

 

 

10万円で0.01ロットのところを、

50万円で0.01ロットとか、

100万円で0.01ロットが安全ですね。

 

 

2013年4月の、

黒田砲のような大きな相場変動が

いつでも起こる覚悟で臨むと良いと思います。

 

 

テクニカルだけで通用すると、

まさに勝ちまくりなんですが、

大きく動くときは決まってファンダなので

逆行したときの引き際が重要ですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

最近の投稿

このページの先頭へ