■ プロスペクト理論について

__________________________

■ プロスペクト理論について
__________________________

プロスペクト理論とは、経済活動における、
行動心理学の事です。

もっと分かりやすく言うと、
まず次の質問をします。

●無条件で100万円差し上げます。

●コインを投げて表が出れば200万円、
裏が出ればゼロ円。

どちらを選びますか?

言うまでもなく、上の100万円をもらうほう、
ですよね?

ところが、こんな条件が付くとどうでしょうか?

あなたには、200万円の負債があるという前提のもとで、

●無条件で100万円負債が減ります。

●コインを投げて表が出れば負債はチャラ、
裏が出れば負債はそのまま。

最初の質問で100万円を選んだ人は、
次の質問では、コインのほうを選んだ方が
多いのではないでしょうか?

これはFXにも当てはまりまして、
目先の利益はついリカクしてしまうのに、

大きな含み損は消せない。

なんて状態になったりしませんか?

いわゆるコツコツドカンです。

これ、モロにプロスペクト理論なんです。

たとえ200万円の負債があっても、
コインなどというバクチはせず、
冷静に100万円負債が減るほうを選ぶべきなんです。

このプロスペクト理論を唱えた方は後に
ノーベル経済学賞を受賞しています。
ダニエル・カーネマンという方です。

メンタル面を鍛えるのと、資金管理について
きちんと熟知しておくと、FXは負ける事が少なくなります。

そして次に、テクニカルを勉強すれば良いのです。

テクニカルについて、次回はお話ししますね。

コメントを残す

サブコンテンツ

最近の投稿

このページの先頭へ