■ メンタル面について

__________________________

■ メンタル面について
__________________________

メンタルとは、精神であり、心、気持ちですね。
当たり前すぎてスルーするところですね☆

まず、エントリーすると、たいがいその逆にいきますね。
逆にいくと、また逆や~と心が傷つきますね。

これを、逆いくのが普通の事として受け入れると、
少しやわらぎますね。メンタルを鍛えるというのは、
含み損をかかえても折れない心を鍛えながら、
資金の5%の逆行で損切り!などあらかじめルールを
決めておく、のがとても重要ですね。

しかし、片方では、それで損切り貧乏になり、
結果としてストップを入れない方が良かった、
という方のほうが多いのも事実です。
(実は私もそう。)

とはいえ、それは結果そうなっただけで、
それがズルズルと逆にいって強制ロスカットに
なってしまう結末も当然あるので、その最悪を未然に
防げただけでも良しとしなければいけませんね。

資金管理とメンタルは表裏一体で、お互いの
心地よいバランスで折り合いをつけながらトレードする、
のが良いと思います。

資金管理をテキトーにしてしまうと、
資金10万円で1万通貨を打つのは良いとしても、
ストップを入れないとすぐになくなってしまいます。

5%までの許容なら、1万通貨で50PIPSあたりの
ところにストップをおきます。

50PIPS程度でへこたれるかいな、と思われるなら
200PIPSでも良いですし、最悪入れなくてもOKですが、
その場合は証拠金以外の金額は無くなっているものとして
割り切らないといけません★

%で計算するのか、PIPSを元にいくのか、
スキャルやデイ、スイング、スワップ狙いなど、
色んな手法・ロジックがある中で、実際にリアルトレードで
ご自身のメンタルがどうなるのか、を加味した上で
資金管理やロジックをどうするのかを決めていくのが
良いと思います。

メンタルが傷つきすぎると、
日常生活に支障をきたしますね。
常にFXのことがきになったり、人と話していても
どこか上の空だったり、仕事が手につきにくかったり、
心拍数や血圧が高かったり、良いことありませんね。。

それを極力なくすためにも、
あくまで余裕資金で、そもそも全額なくなっても良い!
という金額をFX口座に入金して、あわよくば、
トレードで稼いだ金額が入金額と並べば、
元金を抜き、浮いた金額だけでトレードをする、

それぐらいのメンタルの保護をされた方が
良いのかな、と思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

最近の投稿

このページの先頭へ