■ リスクを取る事について

__________________________

 

■ リスクを取る事について

__________________________

 

 

なぜFXをやっているのか。

当然、利益を得るためですね。

 

 

その利益を得るためには、

エントリーして決済をしなければいけません。

 

 

そして、ロット数を調整しなければいけません。

 

 

当然、

エントリーした瞬間、

もれなくマイナスから始まりますが、

どこまでのマイナスなら許容できるのか、

1回のトレードで総資金の最大何%までなのか、

 

 

というのを決定したら、

ロット数を決めます。

 

 

もちろん、

ここでロット数を大きくすると

利益も大きくなるかわりに、

ストップにかかったときの損失も大きくなります。

 

 

1回のトレードでの損失を

仮に10%まで、と決めたら

ストップ幅とロット数も決まり、

あとはストップにかからないような

エントリーポイントと方向を決めますが、

 

 

リスクを取れない者にリターン無し。

 

 

という言葉があるように、

少ない損失で済むように設定すれば、

それだけリターンも小さいですし、

その逆も然りです。

 

 

私は非ナンピン手法なら、

最大でも5%までしか許容できないので、

その範囲でのストップ値・ロット数で

設定しています。

 

 

ここをより多くの負けまで認め、

例えば口座破綻でもOKというのなら、

口座が倍や3倍になるのも早いでしょう。

もちろん、本当に口座破綻する事もあります。

 

 

ナンピンの手法を使う場合でも、

全体で資金のいくらまでなら耐え、

それを超えるとチギる!(決済)

というのを決めておくと気が楽ですね。

 

 

なので、

FXでも何でも、ストップありきから

スタートすると気が楽ですし、

リミットやトレールで利益につながれば

幸いですね。

 

 

もしくは、

リミットが10ピピが最適なら、

ストップは10や15、20ピピにすれば良いですし、

逆に5ピピ程度のストップでも自信が

あるのならありでしょうし。

 

 

こんな感じでリミットから入る場合でも、

ストップは必ず入れないといけません。

 

 

ナンピンの場合は様子が違います。

いわば負けず嫌いのダダっ子のイメージで、

もうとっくにストップにかかっている場面なのに

それもせず、さらに同じ方向のポジションを建てますね。

 

 

両建てナンピンもありますが、

勝負が長引くので、もう辞めました。

 

 

できれば30分や60分間で

プラスで決済してほしいと思っていますが、

ソクラテスも認めるEAでは見事にその通りになっています。

 

 

リスクを取る、

という事は日常生活においても通じるものがあります。

 

 

リスクを取り、

色んな事にチャレンジすると、

失敗もしますが得るものの方が大きかったりしますし、

 

 

リスクを取るのがイヤで

普段の仕事のみを続けていると、

特に大きなトラブルはないものの、

いつの間にか同年代でコツコツ続けていた者に

色んな意味で抜かれ、このままで良いのか?

なんて自問自答に陥ったりというのがあります。

 

 

FXは、

人生の集大成のような気もしています。

 

 

リスクを取ってでも大きなロットで

エントリーをすればそれだけ大きなリターンがあり、

もちろん負ける時はより大きく負けます。

 

 

そんなにリスクは取れないものの、

月5%前後取れれば充分だ、と小さめのロット数で

エントリーと決済をコツコツ積み上げる。

 

 

これはその本人の生い立ちや性格、

その資金の余裕度合いによっても変わってきます。

 

 

長くなりましたので、

今日はこの辺で失礼しますね。

コメントを残す

サブコンテンツ

最近の投稿

このページの先頭へ