■ リスク許容度について

__________________________

 

■ リスク許容度について

__________________________

 

 

FXでも株でも何でもそうなんですが、

結局、資金管理とメンタルの勝利という考え方と、

テクニカルを駆使して損切り設定をきちんと

しながら、

 

 

トータルで勝っていく、という2面がありますね。

 

 

私は両方をバランスよく(?)取り入れて

いるんですが、特に資金管理のみで勝つ、

つまり、ナンピンやマーチンゲールを使うロジックは

特に注意が必要ですね。

 

 

ナンピンマーチンのロジックEAに落とし込んでも、

ナンピン幅などはその都度、変更できるように

しておかないと、ハマったときにメンタルも

かなり傷つき、仕事などが手に付きにくいですね★

 

 

例えばナンピン幅を50PIPSとかに

設定していたとして、先週のユーロ円相場のように、

一気に3円も逆行する場面では、

 

 

ナンピン幅を1円にしたり、ナンピンをせずに

少し様子を見てから戻したりと、随時裁量判断が

重要です。

 

 

ユーロ円、3円の逆行で、また3円戻りましたね。

下がれば上がり、上がれば下がる。

その繰り返しなんですが、いざ逆行したときの

対応が最も重要です。

 

 

私は先週、その3円逆行に捕まりましたが、

最大含み損は20%程度でした。

ナンピン幅を1円分に広げました。

それでもナンピンにかかった玉が、全決済の

きっかけになりました。

 

 

しかし、20%程度とはいえ、

含み損でしかもオーバーウイークを

してしまったんですが、私はイヤな気分でした。

これは人によりますが、スイングをされている

かたは平気なんでしょうけど、私は長い時間、

ポジを持っている状態というのが、

 

 

どうしても落ち着きません★

 

 

だから、コピートレードでもなるべく早く、

決済するようなロジックで運用していますし、

非ナンピンタイプでも、数時間以内に

決済するように設定しています。

 

 

よく、ポジ病といって、常にポジションが

ないと落ち着かないという方がいらっしゃいますが、

その気持ちが全く理解できないんです。。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

最近の投稿

このページの先頭へ