■ 大きなレンジについて

__________________________

 

■ 大きなレンジについて

__________________________

 

新しいVPSですが、

普通に調子良いです☆

 

来週末にはご紹介できると思います。

 

昨日はナンピンのお話しをしましたが、

少し補足がありまして。

 

両建てナンピンは、

レンジに弱いロジックです。

 

少しずつロットを積み増していって、

レンジをブレイクしないと利確できません。

 

なんとかショックとか、

指標とかで威力を発揮します。

 

含み損を抱えていても

割と安心して見ていられます。

 

ところが問題なのは

普通のナンピンです。

 

これは、

片方向に行き過ぎると、

どんどんポジションが積み重ねられて

精神的にも参ってきます★

 

どうすれば良いかと言えば、

 

  • ロット数を小さくする
  • ナンピン幅を広くする

 

に突きますが、

 

そもそも、

その通貨ペアは2008年以降、

どんなレンジ幅なのかを知ります。

 

例えばドル円。

 

だいたい75円~125円ですね。

 

30円の幅です。5,000ピピです。

 

この倍を想定すると、100円幅ですね。

 

この100円幅でナンピンをしていくには、

100万円で0.01ロットでも厳しい訳です。

 

それほど、

ナンピンの手法は甘く見るとケガをします。

 

しかし、

ナンピンは資金管理さえきっちりしておけば

勝ち続けますので、

 

ナンピンを封印するのはもったいないですね。

 

ナンピンは、

できるだけ狭いレンジの通貨ペアを

選択するところから始めると良いでしょう。

 

そして、

その倍のレンジ幅を想定して、

ロット数も思ったよりもとても小さくすると

長期間、負けない運用ができます。

 

ロット数を小さくするのは

0.01ロットの最小で良いとしても、

ナンピン幅をどうするのか、という事ですよね。

 

例えばユーロポンド。EUR/GBP。

 

だいたい、

0.78~0.96までの1,800ピピのレンジですね。

 

この倍で考えて、

3,600ピピで、100ピピずつごとに

ナンピンしていくと、最大36個のポジション。

 

0.01ロットずつ積み増すと、

0.36ロットですね。

 

これなら、

100万円で0.01ロットでもいけそうです。

 

そしてリミットですが、

全てのポジションの平均買い値(売り値)から

5ピピ勝ちのところとか、

10ピピとか、そこは任意で決めないといけませんが

少なくすると決済までの時間が短い、

 

多くすると決済まで長くなってしまいますが、

 

そこはメンタルとも相談しながらになります。

決済までの時間が長いとイラつくのか、

短い時間で決済して、もっと利が乗ったときのほうが

悔しいのか、このバランスですね。

 

少なくとも、

EA作者の推奨ロットでは多すぎる

というのは言えますので、

 

ロット数を半分以下にするとか、

資金を倍以上にするか、

 

その両方をやるとかで、

 

物足りないぐらいに小さい利益の積み重ねでないと

ナンピンというヤツはいつか爆発してしまいます。

 

そこで、

ロット数を上げたり、

ナンピン幅を狭くしたりするときは

よく考えて、最悪の場面も想定してからに

しないと大ケガします。

 

ナンピンがいかに危険かを知った上で取り組むべきで、

逆に、よく知ると有効なトレード手段になります。

 

全てに共通するのは

資金管理とメンタルです。

 

この2つが出来ていて、

初めてロジックの探求ができるというものです。

 

この2つは土台です。

建物でいう基礎にあたります。

 

基礎がないのにビルは建ちません。

せいぜいテントぐらいで、

それも風で吹き飛んでしまいますね…。

 

自分自身が、

含み損にいくらまでなら許容できるのかを

知ったり、その損を許容できるのは

このロット数だなとか、知識と経験によって

少しずつ培っていくべきものです。

 

デモで試してから、

というのが安全ですが、

やっぱり実弾の方が身にヒリヒリと

伝わってきますので、

 

リアルで

0.01ロットからで練習する事をおすすめします。

 

そうそう、

今日のメルマガのタイトルを

「大きなレンジ」というタイトルにしたのは、

その最大幅ですら、1つのレンジとして捉え、

その倍以上の幅を形成する事も想定すると良い

という意味です。

 

それぐらいして初めて、

ナンピン手法と向き合えるというものです。

 

その点、

両建てナンピンの方が比較的安全です。

 

どちらも同じ口座で運用するとおもしろいですが、

どちらも一様に含み損を抱えますので

資金管理とメンタルが重要になってきます。

 

適合性の原則というのがありまして、

資金管理の事を知らないのに

ナンピンを使ったり、FXの事を知らずに

FXでの運用をすすめたりするのは違反になります。

 

昔、

お客さんでいました。

 

今の含み損は20%ぐらいですが、

本当に大丈夫ですか?と聞いてきました。

 

当初、

どれぐらいの含み損なら耐えられますか?

と聞いて、半分ぐらいと聞いていたにもかかわらずです。

 

この質問を受けたという事は、

説明しても何も分かっていなかったという事を意味します。

 

それ以来、

なるべくなら少ないロットにしても、

今度は利益が少ないという事なので、

ファンドから抜けていただきました。

 

適合性の原則にそぐわないからです。

 

やっぱり、

自分でやるのが一番ですね。

 

それで、

裁量を助けるツールとして、

エキスパートアドバイザー(EA)が存在し、

たくさんの業者・個人がああでもない、

こうでもないと出品しています。

 

目が肥えてくると、

EAのデータを見てホンモノかどうかの

検討がついてきます。

 

 

これは、

業界でも初めてだと思います。

 

EA作者は私を入れて3人ですが、

私は販売ではなく、EAを無料で差し上げます。

 

 

複数のEAを使うにあたって、

その1つになると思います。

 

無料で差し上げるので、

せめてIBはくださいね、というスタンスです。

 

他の販売者は、

IBはいらない替わりに代金を最初にくださいね、

というスタンスです。

 

もちろん、

両方できれば幸いですが、

そこまではちょっと…というのがありますので(^^ゞ

 

後日、

改めてここでもご紹介しますが、

1,000人ぐらいに告知するので

30~40名さまに来ていただけるとありがたいです。

 

場所は東京です。

渋谷とか新宿とかになると思います。

 

FOMCでテーパリングが決まったので

ドルが買われましたね。

ドル円で104円台まで続伸しました。

 

いつまた●●ショックが来るかも知れないので

片隅に置いておくべきだと思いますが

今週残り2日間、楽しくいきましょう~!

コメントを残す

サブコンテンツ

最近の投稿

このページの先頭へ