■ 指値・逆指値について

__________________________

 

■ 指値・逆指値について

__________________________

 

FXは動いているので

ガッツリとトレードをしていた方も

いらっしゃると思います。

 

ただ、

動きが少ないと思っています。

 

とはいえ、

いつもより参加者が少ない分、

少ない資金で相場が動いてしまうので

テクニカルを無視した相場付きに

なる可能性があるので要注意です★

 

スプレッドは拡がりやすく、

スワップもマイナスが付いたりしますので

検証用にデモ口座で回しておくとか、

 

スキャルにしろナンピンにしろ

スイングにしろ、できれば完全停止で

傍観しておきたい気持ちはありますね。

 

ガキの使いの笑ってはいけないを

見てるときも相場が動いてるのは

少し寒いので、裁量は入れずにEAに

任しておくのも1つですね。

 

さて、

初歩的なお話しですが、

指値とは、今より有利なところで

エントリーしたり決済するときの注文方法です。

リミットとも言います。

 

MT4では、テイクプロフィットのTPで表します。

 

逆指値とは、

今より不利なところで成行による

エントリーや決済をする注文方法で、

ストップとも言います。

 

MT4では、ストップロスのSLで表します。

 

TPやSLは、

T/P S/Lと表示する場合もあります。

 

まとめると、

 

指値(さしね)・リミット・TP

 

逆指値(ぎゃくさしね)・ストップ・SL

 

で同じ意味です。

 

元々、

指値のような漢字の言葉は、

株式取引から来ています。

 

鞘(さや)日歩(ひぶ)成行(なりゆき)

など、ほとんど漢字で、FXが始まった

1998年頃から、カタカナ言葉で言うようになったのが

リミットやストップ、スワップなどです。

 

そして、

MT4はロシアの会社で、

世界標準になっていますので、

TPやSLなどで表示していますね。

 

国や対象などで

言い方は変わるものの、

意味は全く同じなので、まずは

株式から入るのが正統と言えるかも知れません。

 

私はFXから入ったんですが、

株式や日経225先物は漢字だったのが

少し難しい印象はありましたが、

意味が同じと知るとどうという事はありません。

 

話しは変わって、

VPSですが、おすすめの会社が加わります。

 

使えるねっとというところを

おすすめしていたんですが、

なんと格安でVPSが使えるところが見つかりました。

 

少しだけ不安なのは、

電話サポートがないところです。

メールでの対応になりますので、

使えるねっとと新しいところと、

並行しておすすめします。

 

WEBKEEPERS(ウエブキーパーズ)

http //px.a8.net/svt/ejp?a8mat=264DJN+AGA1EY+2KX0+HWPVM

 

ここは、

使えるねっとの電話サポートがないバージョン

と思っていただいてOKです。

 

会員ログイン後の画面構成や

VPSのリモートデスクトップの画面、

再起動するときのウインドウなど、

 

使えるねっととまるっきり同じです。

 

電話サポートをあきらめられるなら、

このウエブキーパーズは安くて良いと思います。

 

電話サポートはなくても、

メールサポートはあるので、

メールを送ればお返事はいただけます。

 

平日のみで

1営業日以内のお返事といったところです。

 

そして、

肝心のアップデートに関してですが、

平日はわざとさけてくれまして、

土日の間に相手側が勝手にやってくれますので、

 

こちらとしては

土日のどこかでVPSの再起動をするだけでOKです。

 

今までに平日にアップデートをした事がありますか?

とメールで質問した回答が、ありませんと。

 

電話サポートがないのが不安なので、

デモ口座や、リアルでも金額の小さい口座用に

良いかも知れません。

 

まだ使って間が無いので

平日に止まった事例が確認できませんが

格安ですからね。不安なら使えるねっとを

使えば良いだけですから。

 

こうも考えられます。

使いやすくて安心できるVPSが、

少し高いか、格安か、

 

という違いです。

どちらを取るか、両方取ってみるか

自由ですが、VPSを使った事がないのなら

電話サポート付きでやれらた方が安心だと思います。

 

ところで、

色んなロジックのEAが出てきていますが、

 

総じて管理が必要です。

 

重要指標のときはあらかじめとめておいたり

ここで切ると決めてSLを入れておくとか、

それぞれのEAの特性を分かった上で、

時間帯や通貨、戦略などを分散するのがポートフォリオです。

 

それでは今週もナイストレードを☆

コメントを残す

サブコンテンツ

最近の投稿

このページの先頭へ