■ 移動平均線について

__________________________

 

■ 移動平均線について

__________________________

 

まぁテクニカル通りにいかない場合もあるので

仕方ないですね。

トータルでは勝つので長い目で見るべきです。

 

 

オセアニア時間に入ってからのエントリーは

やめてほしいような気がしますが、

チャンスと捉えたら攻める感じですね。

 

 

またユロドルが上がってしまいましたので

決済はお預けです。

 

 

ずっと含み益なら多少気持ち良いんですが、

含み損のままず~っとなので、ねぇ…。

 

 

トレハンを購入して、

同じようにピラミッティングで

利益を上げている人がいますが、

5月頃から持ち続けて、800ピピとか

取っています。ネ申だと思いました。

 

 

 

こっちはスキャルで少しずつ積み上げるのに対し、

スイングでず~っと積み上げて、

トレールも使いながらという事ですが、

よく決済をせずにガマンできますよね。

 

 

それが、FXの真骨頂であると思います。

 

 

損はガマンせずに切って、

得はず~っとガマンする、

という人間の本能の逆を行っています。

 

 

 

とここで本日のタイトルを忘れていました。

 

 

移動平均線ですね。

 

 

1分間の値動きを現したもの、

5分間の、

15分間、30分、1時間、4時間、

1日、1週、1月と色々あります。

 

 

その値動きを、

始値(はじめね)

終値(おわりね)

高値(たかね)

安値(やすね)

の4つのポイントを、

ローソク足に置き換えます。

 

 

始値と終値の中心点と、

その次のローソク足の中心点を

線で引いたものが、

 

 

移動平均線です。

 

 

 

V3のエントリーロジックは、

30分足の移動平均線に沿って(順張り)、

5分足からの反転を狙います(逆張り)。

 

 

8割ぐらいの確率で30分足の方向に相場は向かいます。

 

 

ここで、

収支計算ですが、8割の勝率だと、

リミット10のストップ30でもプラスになります。

 

 

この移動平均線は、1時間や4時間、

1日の方向に動く事が多いですが、

それと5分などの短い足との組み合わせで

ストップもきちんと入れると良いですし、

 

 

ナンピンやマーチンを使っても良いと思います。

 

 

ただ、

ナンピンは麻薬と似ていて、

一度それで難を逃れると、

これはE!とばかりにナンピンありきで

考えてしまいがちです。

 

 

そうなると、

いつかは大負けします。

 

 

勝率99.9%でも、

のこり0.1%の負けゲームのために、

口座破綻になってしまう可能性が高いです。

 

 

だからナンピンは要注意です。

 

 

資金量を3倍とか10倍でやるのがまだ安心かなと。

 

 

 

移動平均線はローソク足を元にしていますので、

全ての基本はローソク足です。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

最近の投稿

このページの先頭へ