■ 窓について

__________________________

 

■ 窓について

__________________________

 

 

窓について、

窓とは、土曜日の午前6時で相場が終わって、

月曜日の午前6時に相場が開くときに、

 

 

値が飛んでいる場合が結構あります。

 

 

その値が飛んでいるチャート上のスキマの事を、

窓と呼んでいます。マドと読みます。

 

 

基本的に、

窓が開くと、窓を閉めようとします。

 

 

つまり、

前の土曜日の午前6時のところぐらいまで

戻そうとするチカラが働きます。

 

 

しかし、

土日の間に大きな出来事が起きて、

月曜日からもその方向でいく時はあります。

 

 

つまり、

窓を埋めようとせず、

そのまま突っ走ります。

 

 

V3など、ペンギンさんのEAは、

窓が開くと、それを「トレンド」と

みなしてしまい、30分足の順張り、

5分足の逆張りの条件に合致し、

エントリーしてしまいます。

 

 

普通に窓を閉める・埋める動きをすれば、

ストップにかかってしまいます。

 

 

窓を埋めずにそのまま突っ走るとリミットですが、

たいがいは窓は埋まるので、

週末、VPSでMT4を運転したまま月曜日を迎えるのは

ご法度になりました。

 

 

月曜日の東京時間とか、

少し時間を置いてから、

MT4でEAをセットすべきです。

 

 

EAの運転をどうするのか、

という事さえ管理してあげれば

少しずつですが勝ちます。

 

 

その少しずつが物足りないなら、

裁量でガンガントレードをすれば良いだけです。

 

 

裁量とEAで資金を分けてするのが良いですね★

 

 

 

株式、債券、為替、商品の

4つに大きく分類されますが、

何も為替だけではありませんのでなんだって良い訳です。

 

 

かといって、

競馬やロト6などは確率が低すぎて

当たる気がしません。

 

 

600万分の1とか、

誰が当たるのでしょうか。。

 

 

となると、

2分の1の株式、為替などで勝負をする方が

確率は相当高いですし、

あとはプロスペクト理論で負ける習性を

克服して、正しいロジックでコツコツと

やりつづければかなりの確率で勝てます。

 

 

損切りはすぐして、

利確はガマンする、

という通常の心理の逆をすれば良いだけです。

 

 

まぁそれがなかなかできないから、

ああでもないこうでもないと苦しんでいますね。

 

 

少なくとも、

ストップはきちんと入れて、

一度決めたストップは勝ちの方向にしか

動かしてはいけません。

 

 

それだけ守っていれば、

口座破綻する事はありません。

 

 

(ストップを1,000ピピとか深いのはもちろんNG)

 

 

窓が開くという事は、

週末までにポジションを消しておかないと

危ないという事です。

 

 

大きく勝つ事もありますが、

そこはギャンブルになるので、

週末までにポジションを閉じる方が無難です。

 

 

 

土日の間に

戦争や選挙など、

大きな出来事があるとその分、

大きく窓が開いてしまいますので要注意です。

 

 

 

勝っていきましょう~!

コメントを残す

サブコンテンツ

最近の投稿

このページの先頭へ