■ 順張りと逆張りについて

__________________________

 

■ 順張りと逆張りについて

__________________________

 

 

昨夜のユーロ円、幅が700PIPSほどでしたね!

ものすごいボラティリティでした★

ユロドルは300PIPSほどでしたね。

この程度なら、よく動いたな~ですが、

7円幅はさすがに大ケガしていないか心配です…

 

 

昨夜みたいな相場が一番分かりやすいですが、

逆張りで入るとやられています。

順張りなら普通に利益で、下がり切ったところで

さらに売りを持つと、それはストップにかかりますが。。

 

 

逆張りだと、昨夜みたいな大相場のときに

ケガをしがちです。逆張りでもストップは

きちんと入れましょう。順張りでもですが。

 

 

私は逆張りのEAが負けてしまいましたが、

ストップはきちんと入れていますので、

そのストップにかかっただけですが、放置しておくと

さらに含み損を抱え、つらい日々の始まりと

なってしまうので、ストップでさっさと逃げて、

次の勝負に挑むだけです。

 

 

こういう時もあります。

逆張りと言っても、大きな時間足では順張りなのですが、

それでもイタリア選挙でテクニカルを無視した

相場付きになりましたね。だからストップが重要です♪

 

 

とはいえ、ストップにかかるのは少しショックですね。

想定していますが、実際にお金が減る訳ですから…

まぁでも必要経費みたいなものなので、

潔く受け入れて、次の勝負ですね☆

 

 

と昨夜の相場が一番分かりやすいのは、

買われ過ぎ・売られ過ぎとか移動平均とか

ストキャスや一目とか無視して、円買い・ドル買いに

なってほぼ一直線の動きは、順張りでないと対応できない、

と思っています。

 

 

有事の時は順張りで、さらにトレールができれば

かなり有効で、それが決済で終われば、次の勝負は

せずに相場が落ち着くまで待つ!ぐらいが理想的ですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

最近の投稿

このページの先頭へ