■ EAについて

__________________________

 

■ EAについて

__________________________

 

 

EAとは、

エキスパート・アドバイザーの略で、

MT4で動く、FXの自動売買ソフトの事です。

 

 

MT4なので、

FX以外の商品があれば、

それも自動売買できます。

 

 

日経225やゴールド、ダウなど、

そのブローカーで扱っていれば

トレードできます。

 

 

MT4と対で出てくるのがVPSですね。

自宅のパソコンをずっと付けっぱなしは

イケてないので、クラウド上に

パソコンをレンタルします。

 

 

そこでMT4を動かしっぱなしにします。

 

 

EAの性能を測るには、

バックテストが良いです。

ただ、過去の90%の相場では

そうだった、というだけで、

残り10%の部分が謎です。

 

 

そこで、fx-onなどの

リアルタイムの実績を公開している

サイトを利用すると、より選択しやすいと思います。

 

 

なぜか、

リアルタイムの成績を公開しない

EAもあって、それは他の検証者の

サイトでリアルタイムの成績を

追いかけるしかないでしょう。

 

 

バックテストのデータをうのみにせず、

リアルタイムの成績や、SL・TPの

注文履歴もチェックすると良いでしょう。

 

 

最近のEAは性能が良くなってきました。

といっても、MT4自体は昔からあるので、

やっと開発者がまじめに開発に乗り出した、

という事でしょうけどね。

 

 

昔はひどいのばかりだったイメージです。

 

 

もうEAでの運用は一切辞めて、

インジケーターなどで裁量でやるしかないのか?

と諦めていたぐらいですから。

 

 

それが去年ぐらいから

だんだんと高性能なEAが出始めて、

fx-onというサイトもアクセスが増えてきて、

ようやくEA市場も成熟期に突入したのかな、

なんて考えています。

 

 

出品者はfx-onでリアルタイムの成績を

公開しないと、販売が出来ない、

という法律を作ってほしいぐらいです。

 

 

それぐらい、

fx-onを運営している会社が

信頼に値するという意味です。

 

 

しかし、

EAは、扱う人によって

その成績に違いが出てしまいます。

 

 

というのも、

少し連勝したからと言って、

ロット数を上げてしまうんですね。

 

 

そんな時に限って、

負け試合からスタートで、

思わぬドローダウンを喰らい、

テンションが下がってそのEAの

運転を辞めてしまうんです。

 

 

そこで完結していれば良いものを、

その間違った手法での結果を

ブログとかで流してしまうと、

その歪んだ情報が出回ってしまい、

開発者の意図しないところで

誹謗中傷の的になってしまう、

なんて悲しい事になってしまいます。

 

 

それはとても悲しいですね。

 

 

EAが自動売買だからと言っても、

ロット数や曜日制限などのフィルターは

その本人の裁量なので、そこは

くれぐれもお気をつけください。

 

 

もちろん、

FOMCや雇用統計、重要要人発言のときは、

EAはあらかじめとめておきましょう。

 

 

良いパラメータを見つけたときは、

そのロット数のまま、走らせて、

その出た利益で他の優秀なEAを

購入したり、出金したりして、

ヘッジをすると良いと思います。

 

 

いずれにしても、

良いEAライフを過ごせると

とても快適ですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

最近の投稿

このページの先頭へ