■ IPOについて

__________________________

 

■ IPOについて

__________________________

 

 

今夜も昨夜ぐらいかもう少し高い

ボラティリティーがほしいところですね。

 

よく動くという事は、

その分よく利益が取れるという事ですが、

同時に損失も増えるという事になります。

 

ロット数についてですが、

単純に1ロットで1ピピ1,000円です。

 

10ピピの勝ちで1万円の利益ですね。

これが0.1ロットだと、1ピピ100円なので

1万円の利益を得ようと思ったら、

100ピピの勝ちを得ないといけません。

 

逆もまたしかりで、

1ロットなら1万円はすぐに負けてしまいます。

 

これが100ピピ負けになると、

10万円の負けですね。

 

まず、

いくらまでなら負けを許容できるのか、

というところから計算すると良いでしょう。

 

例えば、

口座残高が100万円として、

単張りで、1回のトレードで

3%まで負けを認めるなら、

 

3万円の負けですね。

 

3万円の負けという事は、

1ロットなら30ピピのところにストップを置きます。

 

それが、

もっと浅いストップで良くて、

15ピピにストップを置くなら、

2ロットでエントリーしてもOKという事になります。

 

2ロットという事は、

1ピピ2,000円ですね。

 

10ピピゲットなら、2万円の利益です。

 

これが日に1回勝つと、

40万円の利益ですが、

そうは絶対にならないですね。

勝率100%はありえないので(^^ゞ

 

勝率6割として、

100回トレードの内、

60回×2万円=120万円の勝ちと、

40回×2万円=80万円の負けで、

トータル40万円勝ちになります。

 

口座残高が140万円になりましたが、

100回トレードしようと思えば、

1ヶ月20日間の内、日に5回トレード

という事になります。

 

そんなにエントリーチャンスが巡ってくるのか

といえばそうではありませんね…。

 

エントリーは日に2回として、

月に40回エントリーなので、

100回エントリーは2ヶ月半かかります。

 

もう1つ、

 

100万円につき2ロットという事は、

10万円につき0.2ロット、

1万円につき0.02ロット、

5,000円につき0.01ロットになります。

 

1回の勝利で2万円増えたなら、

2.04ロットでエントリーできる事になります。

 

まぁそこまでする事がなければ

別に2ロットのままでかまいませんけどね(^^ゞ

 

EAなら、

口座残高に応じてロット数を計算して

エントリーしてくれる機能があります。

 

それだと毎回計算しなくてもいけますね。

 

今日は週末ですが、

今年最後の米雇用統計です。

単張りのポジションは消しておく事を

おすすめします。

 

ドル円に限らず、

ポンド円、ユーロ円、ユーロドルなども

大きく動く事になると思いますので☆

 

話しは変わって、

新規公開株について、

最近面白いネタをキャッチしました。

 

http://www.tokyoipo.com/top/ja/index.php

 

IPOとは、

株式会社が店頭に公開される事です。

 

公開されるという事は、

その会社の株の売買ができるという事です。

 

売買ができるという事は、

投資・投機の対象になり、

会社乗っ取りも視野にいれなければいけません。

 

会社としては、

株を買ってくれると会社に現金が入ってくるので

そのお金を事業に使う事ができます。

 

これを直接金融と呼ぶんですが、

銀行から借りるのを間接金融と呼びます。

 

まぁそんな事はどうでも良いんですが、

我々投機家としては、新規で株式が公開されると

数倍になるのではないか?というイメージがありますね?

 

まさにその通りで、

100万円が300万円になったりなんて

日常の事です。

 

しかもたったの2週間ほどで。

 

しかし、

その株を買うに当たって、

非常にしれつな争いがあります。

 

まず当たらないですね。

当たる確率は1%あるかどうかとの事です。

 

それに、

当たったからと言って、

その銘柄(会社の事)が上がる保証もありません。

 

という事は、

そこにはプロのノウハウが存在し、

そのプロは数億円を年間で実際に稼いでいます。

 

とてもうらやましいですね☆

 

FXで月利10%出すのも必死なのに、

月利600%とかも普通ですから、

なんともものすごい話しですね。

 

ひょんなきっかけから、

その一部に乗っかれる事になりました。

 

しかも、

手出しゼロ円で。

 

 

ただし、

新大阪駅にスーツ着用で来れる方のみとします。

(阪急・南方か地下鉄・西中島南方駅でもOK)

 

どこで売り抜けるのか?というと、

公募価格で購入して、初値で決済です。

いきなり決済してもったいないと思うかも知れませんが、

 

さっさと決済して現金化し、

次のIPO銘柄にブチ込む「時間」の方が大事だからです。

 

プロのノウハウを聞いても、

あとで自分で実践できるかどうかは微妙なので、

素直にプロの言う通りにしておく方が

角が立たず、平和的に利益を上げる事ができます。

 

例えば、

アライドアーキテクツ(株)(6081)を見てみると、

 

公募価格:1,700円

 

 

初値:5,600円

 

で売り抜けです。約3.3倍ですね。

 

仮に1万株、1,700万円で購入して、

5,600万円で売り抜けで、3,900万円の利益です。

 

20%の税金として、

3120万円が純利益ですね。

 

(NISAは100万円までしか有効ではありませんので、

このIPOには向かないです(^^ゞ)

 

めっちゃ美味しいですね。

 

2005年など、

IPO祭りがありましたが、

最近はその再来と言われています。

 

これに乗っからないともったいないです。

 

そんな感じで今日は週末ですね。

良い週末をお過ごしください☆

コメントを残す

サブコンテンツ

最近の投稿

このページの先頭へ