■ MT4とVPSについて

__________________________

 

■ MT4とVPSについて

__________________________

MT4についてですが、

軽くする方法とメンテナンスについて、

 

MT4をダウンロードしたら、

そのままの状態よりも軽くするために、

ツールのオプションを開きます。

 

ニュースのチェックを外し、

音声のチェックも外し、

チャートは0と入力し、

チャートに表示させるラインも

極力チェックを外します。

 

チャートは、

必要最小限のみの表示にして、

左側の通貨ペアを右クリックして

最小限の通貨ペアの表示にします。

 

これでかなり軽くなりました。

 

しかし、

EAが重いとどうしようもありません。

 

重いEAの場合は、

MT4の再起動を2時間に1回とか

してあげると良いと思います。

 

自動でMT4を再起動してくれるツールがあります。

 

以下のページに詳しく載っていますが、

自己責任で設置される方はチャレンジしてみてください。

http://www.tsukaeru.net/common/pdf/AutoLogin_for_win2008_R2.pdf

 

VPSについては、

アップデートはしなくても良い会社を

選択するべきです。

 

ある会社は、

そのアップデートすらユーザーにやらせるので

平日でもアップデートをしろ、とポップアップが

出まくって、とてもトレードどころではなかったです。

 

しかもフリーズも頻繁に起こっていました。

 

使いやすい会社は、

アップデートは全てその会社の責任において

行うので、ユーザーには一切させませんし、

土日の間にまとめて行うので、

 

トレードには一切影響しません。

 

そして、

平日の間ずっと、

ノンストップで稼働し続けてくれます。

 

しかも、

簡単操作なので、

自分のパソコンのEAなどをコピーボタンを押して

 

VPS上に貼り付けがそのままできますので、

 

まるでVPSも

自分のパソコンかのような感覚で使用できます。

 

そんなVPSを申し込んだときに少し迷うのが

リモートデスクトップのログインの仕方です。

 

でも、

分かってしまえば簡単なのでご説明すると、

 

・IPアドレス

・Administrator

・パスワード

 

の3点でログインできます。

IPアドレスとは、214.55.56.248のような数字の列です。

 

2回目以降のログインは、

全ての入力をせずにログインできます。

 

マンガ喫茶などでログインする場合は、

iPhoneなどで情報を確認して、

「資格情報を保存せず」にログインするようにしましょう。

 

自宅のパソコンで自分しか使わないなら、

全ての項目を保存して、

デスクトップにショートカットアイコンを

出しておくと、次回以降はそれをダブルクリック

するだけで簡単にログインできますので便利です。

 

VPSの再起動は、

土曜か日曜のどこか適当なタイミングで

してあげるだけで良いです。

 

それに対して

MT4の再起動は数時間に1回した方が良いですが、

再起動しなくても基本的には動きます。

 

重くなってきますので、

EAの動作などに影響してきます。

 

1ギガプランのVPSにいくつまでMT4が動作できるか?

 

4つです。

 

EAは、

軽いのと少し重いので2つずつで

稼働しました。

 

MT4を5つセットすると、

強制で閉じられていました。

 

何かの間違いかな?

と思い、もう一度5つ立ち上げてみました。

 

強制で消されていました。

(閉じられていました)

 

そこで、

1つ減らして4つでどうかな?

とやってみると今のところイケています。

 

しかし、

全体的な動作は少し重いです。

 

それを考えると、

MT4は3つまでが良いのかなと思っています。

 

そして、

同じブローカーのMT4をインストールする場合は、

 

まずは普通にインストールします。

 

  • デスクトップにアイコンが生成されますので

その名前を変更します。

 

この名前を変更する作業を忘れると

うまくいきませんので要注意です。

 

次に、

2つ目のMT4をインストールしますが、

インストール先のファイル名を任意の名前に変更します。

「2banme」とか、適当に名前を付けてください。

 

そしてインストールをします。

 

デスクトップにアイコンが生成されます。

 

このアイコンも名前を変更しておくと

管理しやすいと思います。

「2番目のん」とか使用するEAの名前でも良いですね。

 

こうする事によって

同じVPS内に同じブローカーのMT4が

2つできました。

 

同じ要領で3つ目以降もイケます。

 

この方法はサポート外になっていると思いますので

自己責任のもと、行ってください。

 

今年のメルマガは今日でラストです。

 

今年はEAの機能が進化したような印象を受けました。

 

しかし、

これはMT4発足当初から可能な機能のはずです。

 

という事は、

今までそういうのを作ってこなかった、ですね。

 

ユーザーのレベルも相当上がっていると思います。

 

それだけ、

良い情報というのが表に出てきたのと、

悪い情報は結局淘汰されていきます。

 

さらに、

情報発信者の質が高くなり、

あらかじめ注意喚起する事によって

しょうもない商材に騙されなくなったり

本物の商材もたくさん出てきましたので、

 

これからは

堅実にやっておられる作者の番です。

 

とはいえ、

EAなどの商材を購入するのは自分自身、

そのEAをセットするのも自分自身、

ブローカーに入金するのも自分自身、

 

結果、

負けてしまったら誰のせいですか?

 

まぎれもなく自分自身ですね。

 

そもそも、

ブローカーに口座開設すると言う事は

そういう事を了承しないと開設できません。

 

それを、

ブローカーや販売者、

情報発信者などに対していちゃもんをつけるというのは

明らかにお門違いですね。

 

それなら、

最初からやらなければ良いだけです。

 

0のまま。

 

変に手を出す事によって得るお金は

マイナス1,000万円という人もいるぐらいです。

 

何もしなければプラマイゼロ。

 

要は、

責任の所在をどこに持って行くかです。

 

他人や他社、国など、

自分以外に責任を持っていくとアウツ。

 

全ての責任は自分の未熟さからだ、

と悟れば、次のステージです。

 

多かれ少なかれ、

「授業料」を支払う場面は必ずあります。

 

その場面を経ないと

ネクストステージには行けないいう確信があります。

 

いつまで経っても同じ発想の繰り返しだと、

普段連絡を取り合う人たちも変わっていくはずです。

 

それぐらい、

真剣に相場と向き合い、

授業料を払いながらも何とかして勝ちを掴むんだ、

という強い意志と行動ができた順から

実際に勝っていきます。

 

これが現実です。

 

リスクを取らなさ過ぎると

リターンもありません。

 

資金管理とメンタルを土台にして

色んな勝てる手法を複数組み合わせて

一喜一憂せずに堅実に積み重ねる事。

 

この意味が深く理解できればあとは

淡々と実行するのみです。

 

もちろん、

紆余曲折します。

 

その時のメンタルのブレかた次第で

相場から離れて一般人になった人もいます。

 

トレーダーというのは

世間一般からは認知されていません。

 

白い目で見られる事もあるでしょう。

 

しかし、

それは雑音と認定し、

愚直にこなし、相場の点検と研究を

虎視眈眈と実行していく、一見孤独な職業です。

 

だからこそ、

トレード仲間を作り、大切にし、

情報を共有したりメンタルを分かち合ったりして

孤独感から解放されてください。

 

今年1年、大変お世話になりました。

来年も良い年でありますように。

ご健康とご多幸をお祈りしております。

トレードで大勝利をおさめられますように。

__________________________

コメントを残す

サブコンテンツ

最近の投稿

このページの先頭へ