■ PIPSについて

__________________________

 

■ PIPSについて

__________________________

 

ドル円が去年とは全く違う景色になっていますね。

 

ポンドもユーロもかなり上がりました。

 

今日はPIPSについてのお話しです。

 

PIPSとは、

ピップスと読み、1銭の事ですね。

 

ドル円だったら、

104.123の場合、小数点第2位の「2」を

基準にして、1つ動けば1PIPSです。

 

小数点第1位の「1」は10PIPSで、

1つ動けば10PIPSです。

 

104円が105円になれば、100PIPSです。

 

金額として、

いくらの損益かと言うと、

 

1万通貨(0.1ロット)で

1PIPS動くと、100円の損益です。

 

10万通貨(1ロット)で

1PIPS動くと、1,000円の損益です。

 

正しくは、

1万通貨なら1万ドルなので、

104万円の取引で、105万円で決済すると

1万円が残りますが、

 

そう考えると少しややこしいので、

  • 0.1ロットで1PIPSは100円

と計算する方がシンプルで分かりすいです。

 

  • 1ロットで1PIPS動くと1,000円

ですね。

 

  • 0.01ロットで1PIPS動くと10円

 

です。

 

ロット数ですが、

桁数に違いはあるものの、だいたいは

 

  • 1ロット=10万通貨

 

として計算しています。

 

もちろん、

ブローカーによっては

1ロット=1万通貨とか1,000通貨もありますので、

ロットと言わずに、通貨数で言うほうが正しく伝わります。

 

  • 1万通貨
  • 5,000通貨
  • 20万通貨

 

という感じですね。

 

トレーダー同士の会話では、

1ロット=10万通貨として周知なので、

0.1ロットで入って5ピップでスキャった

とか言ったりします。

 

ブローカーによって、

ロット数の言い方は違うので確認してみると良いでしょう。

 

話しは変わって、

 

昨日、

XAUUSDの両建てナンピンEAが

スリッページによって少しだけマイナスで

決済されていました。

 

最後のポジションは

Sellでしたので、1213ドルから1200を割るところまで

伸びたんですが、設定をミスりました(^^ゞ

 

今後、

スリッページを見越して大きめの利幅の

ところで全決済するか、

 

その都度スリッページがないか注意しておき、

注文変更するかですが、月曜日からどっちかで始動します。

 

このロジックを

とめてしまうにはもったいなさすぎますので(^^ゞ

 

このように、

常にミスと裏腹で、ミスも想定して

リスクを取りながら相場に挑む。

 

資金管理とメンタルを基礎として、

VPSやMT4の管理、複数のロジックの管理、

新規ロジックの研究・開発→EA化、

サポート業務やオフでの活動まで、

 

まじめに続ける事で最近はFXをする人が増えてきたのか

色んな方、会社さんとの付き合いが増えてきました。

 

とてもありがたい事です。

 

金融系というと、

一般的には詐欺事件が多く、

悪い印象をお持ちの方のほうが多いと思います。

 

しかし、

そんな中でも真面目に活動している

見識ある優良な人たちは確かに存在します。

 

その人たちを見つけるというよりは、

まずは自分自身がまじめにやる事で、

互いに引き寄せ合って出会います。

 

FXは投資ではなく投機で

とても危険なもののイメージがあるかも知れません。

 

FXをするからには自己責任だし、

負けても自分の責任というのをタテに

騙そうとしてきますが、

 

できれば自分の口座でやるのが納得がいきます。

 

自分の口座なら持ち逃げされる事もないですが、

その口座の会社が詐欺でしたというオチも確かにありますが、

 

要は色んなリスクを許容しながら

自分ができる最大限はここまで、という尺度を決めておく事です。

 

そして、

インジケーターのみの販売は、

EAにすると都合が悪いからです。

 

裁量判断も入れないといけないのは

EAでも同じですが、EAだとせめて

バックテストというのができます。

 

モデリングクオリティーは90%しか

ない上に、元の1分足などのデータも

結構いい加減なのですが、

 

参考程度にはなります。

 

そして、

せめてデモ口座でのリアルタイム運用を

見せているなら、信用に値します。

 

この前提があるにもかかわらず、

インジケーターをEA化して、

さらに裁量で最適化してみたら、

結構な好成績化に成功した事例もあります。

 

相場は、

そろそろクリスマス→年末年始モードで

スプレッドが拡がってマイナススワップも発生、

テクニカルを無視した急変などが想定できますが

 

相場に入らないのが安全です。

 

もしくは、

アグレッシブに動けば勝つような

EAを動かしておくのも1つですね。

 

という事で、

この3連休はゆっくりするなどして

英気を養ってください。

 

それでは良い週末を☆

コメントを残す

サブコンテンツ

最近の投稿

このページの先頭へ