■ USD/ZARについて

__________________________

 

■ USD/ZARについて

__________________________

 

 

 

それが思いの外であった場合、

そのポジションとは反対の方向に

どんどんとイってしまいかねません。

 

 

指標とかでEAを止めたりする事は

ルール上決してないので、

デモ口座とはいえ、とても参考になります。

 

 

あ、勝ってたのか~!とか、

やっぱりとめておいて良かった~!

とか、自由に感じることができます。

 

 

 

さて、

USD/ZARですが、

10.4を超えてきました。

 

 

以前、

10.2当たりでショートで入った方は、

ストップを建値にしていましたか?

 

 

もしくは10ジャストとかにストップを

置いて、あとはひたすらスワップを

毎朝もらい続けて、ストップにかかって

今回いったん終了、という事ですね。

 

 

これを、

ストップを入れずにいると、

今まで含み益+プラススワップだったのが、

含み損+プラススワップになってしまって、

少しメンタルがだるい事になると思います。

 

 

もちろん、

100ピップ程度なので

たいした事はないんですが、

ここらへんでもう1つショートで入るか、

もう少し様子を見て、

10.7当たりにショートリミットを置くとか。

 

 

もしくは今、チギってしまうか、ですね。

 

 

スワップの良いところは、

毎朝ブローカーから確実にもらえるところですね。

 

 

木曜日の朝は土日の分も足して

3倍スワップデーのブローカーが多いですが、

ストップを建値に置くと、

ストレスフリーでひたすら毎朝もらえるのが

楽しみですね。

 

 

AUD/JPYやZAR/JPY、TRY/JPY、USD/ZARなど、

スワップポイントの高いペアで入ると良いんですが、

やみくもに入っても逆に損してしまいかねませんので、

過去3年間ぐらいでの上限や下限のポイントを

チャートで判断して、ここらへんで入ろうと

決めてからすると納得ができます。

 

 

入ったところから最大どれぐらいの

逆行を想定するか、どれぐらいのところまで

逆行すれば口座破綻するか、

よく計算した上で資金に対するロット数が

決まってきます。

 

 

例えば、

10万円で0.01ロット、

などですね。これだと、証拠金を除いて

10,000ピップスまでの逆行までOKですね。

 

 

0.01ロット=1ピップ=10円 です。

 

 

100円の逆行まで耐えるので、

理論上、口座破綻がなく、

永遠にスワップをもらい続けられます。

 

 

AUD/JPYが87円とすれば、

100円の逆行は理論上あり得ませんね。

 

 

となると、

リスクと取らなさすぎるので、

倍の0.02ロットではどうでしょうか?

 

 

50円の逆行まで耐えますね。

 

 

87円から37円までOKですね。

過去最低は55円なので、よっぽどの

事がない限り、37円には到達しませんね。

 

 

0.03ロットではどうでしょうか?

 

 

33円の逆行まで耐えますね。

87円から54円まで。

 

 

これが現実的でちょうど良いところだと思います。

 

 

このように、

トレードをせずに、

スワップだけもらいつづける方法もある、

という事です。

 

 

リスクを極限まで減らしながら

月利1%~2%がもらえるので、

充分ではないでしょうか?

 

 

これが少ないと感じられるなら、

もっと出せる技術があるか、

口座破綻の習性があります。

 

 

明日は週末ですね。

MAX2は今夜の内にとめて、

V3は明日になってから止めます。

 

 

ノーポジションのままで

週末を迎えるための準備です。

 

 

MAX2は、

もし勝負が長引けば週をまたぐ可能性が

ありますので、木曜日の内にとめておきます。

 

 

それでは今週ももう少し、

まだまだ暑いですが、冷たいものの

飲み過ぎでお腹を壊さないようにしてください★

コメントを残す

サブコンテンツ

最近の投稿

このページの先頭へ