■ XAG/USDについて

__________________________

 

■ XAG/USDについて

__________________________

 

以前、サイン配信をしていましたが、

 

結局、

売りでも買いでも

50ピピのリミットにかかっていた、

という相場にも助けられながら、

たまに200ピピのストップにかかるものの、

トータルすると勝てています。

 

日曜の23時に売買サインを配信するので、

ごまかしがききません(^^ゞ

 

そして、

翌朝8時~9時の間に成行エントリー、

ストップ・リミットを

-200・+50で注文→放置。

 

というスイング的な手法です。

 

というのも、

サイン配信の場合、

リアルタイムで成行買い!

成行売り!OCOはプラマイ20ピピ!

 

なんて事、

もちろん配信者はできますが、

受信者からすればたまったものではありません。

 

それこそ、

ロンドン時間からは

トイレに行くときもスマホを離せませんし、

おちおちお風呂にも入れません…。

 

いつサインが飛んでくるか分からないからです。

 

そこで、

スイング的なのんびりタイプのサインにしました。

 

最近、

少し注目している通貨ペアがありまして、

「銀ドル」です。XAG/USDです。

 

19前後で、ランド円的なノリでOKです。

スプレッドもそんなに広くないですしね。

外国のMT4にはランド円がないので

その替わりのペアになると思います。

 

ただ、

1日に100ピピとか動くときがあるので

ナンピンするにしてもナンピン幅、

単張りの場合はストップは入れるように

したいですね。

 

この銀ドルも、

MT4業者によっては扱っていないところも

あるので、SEK/JPYなどの小さな値段の

ペアを扱うのも1つだと思います。

 

 

 

別のEAは、

月利6%ぐらいのペースですが、

今月半ばから来月半ばまでは

ほとんど動かないと思うので

思うような月利は出ないのかなと思っています。

 

ここ数年で、

ある程度のレンジ相場なら、

そのレンジに合わせて組み込んで、

ロット数も計算して最大限の利益が出るように

したその「半分」のロット数がメンタルも考慮した

包括的に最適なトレードになると思います。

 

それでも、

重要指標の前はノーポジションが良いと思います。

 

過去数年で破られなかったレンジが

いともあっさり突き抜け、どこまでいくか

分からないからですが、

 

そうやって

「守って」ばかりもいられませんので、

単張りなら必ずストップと、

指標前にノーポジを守っていれば、

勝率6割で良いんです。

 

100回のトレードで

リミット10のストップ10なら、

60回勝ちで+600ピピ、

40回負けで-400ピピの、

トータルで+200ピピです。

 

そういう意味では6割で充分ですが、

リミットを小さくすると、

もう少し高い勝率が必要です。

 

例えば、

リミット7

ストップ10 とすると、

 

100回のトレードで勝率6割で、

 

勝ち+420ピピ

負け-400ピピで

 

ストップ時のスリッページも考慮すると

チャラぐらいになってしまいます。

 

IBキャッシュバックがあるなら

MT4上はチャラでも、トータルで

少しプラスなので良いんですが。

 

想定した勝率を少し下げた上で、

ストップから決めて、

リミットやトレールを決めると良いでしょう。

 

そして、

ストップが小さいほど、

ロット数を大きくする事ができますね。

メンタル的にも。

 

ストップがたったの10ピピ程度なら、

1ロット(10万通貨)とかでも入れますしね。

 

日本のブローカーなら、

レバレッジ制限で、1ロット打とうと思えば

50万円ほどの証拠金が必要ですが、

 

外国ではレバは500倍とかも普通にあるので、

1ロットの証拠金は2万円とかです。

 

ドル円だと、

10ピピのストップにかかっても、

マイナス1万円なので、

 

まだ次の勝負ができます。

 

資金の10%を1回の勝負で失うのはイヤだ、

というのなら、ロット数を下げれば良いです。

 

0.7ロットや0.5ロット、

0.1ロットでも良いでしょう。

 

そこら辺は自分自身がエントリーして、

ストップにかかったとききの精神状態と

相談して決めれば良いですが、

 

決してリミットの利益から始まる思考だと、

いつか大負けしますので要注意です。

 

少し連勝して、

10ピピのリミットを5回ほど取れて、

その時のロット数は0.2ロットだったとして、

 

「調子いいやん、これならもう少しロットを

上げたらさらに倍、3倍返しや~!」

 

と、

それこそ「調子」も乗ってしまうものです。

 

そして、

調子に乗って1ロットにしたとして、

「上げた時に限って」負けます。

 

今までのプラスが、

この1回の負けで一気に消し飛びます。

 

なぜか分かりませんが、

これはもはやセオリーとして受け入れないといけません。

 

ロット数を決めたら、

その月はひたすらそのロット数で

打つようにしないといけません。

 

そして、

10万円につき0.2ロットと決めたら、

その比率で、5,000円につき0.01ロットになるので、

口座残高が5,000円増えるごとに

0.01ロットを追加する、というのはOKです。

 

10万円につき0.1ロットなら、

1万円で0.01ロットで、

 

10万円で1ロットなら、

1,000円で0.01ロットです。

 

一度、

資金とロット数の比率を決めたら、

ひたすらそれを守ってタンタンとトレードする。

 

それぐらいのルールを自分自身に律しないと

ダラダラになって、いまいち自分がどこにいるのか

分からなくなってしまいます。

 

仮に勝率を5割を切っても

淡々と続ける鉄の心が必要です。

信じた複数の手法で、最後まで突き進むと、

妙な達成感があるので、この手法は良いと

思ったけど、ダメだったか、それでは次いこ次!

 

と割り切れるというものです。

 

それを、

ダラけながらやると、

勝率や良いやら資金管理が悪いやら、

その手法が良いか悪いか、

はっきりと見えてこないのがありますので

良くないです。

 

 

 

それでは、楽しいトレードを!

コメントを残す

サブコンテンツ

最近の投稿

このページの先頭へ