イギリス選挙スケジュール

こんばんは!

今朝は久々に窓が開いてのスタートでした。

今は、
GBPJPYのスプレッドが開いたまま止まらない午前9時です。

現時点ではどんどん買い戻されています。

これは、
存続を織り込み始めている証拠です。

ここで、
開票結果が離脱なら、
それこそ3,000pips落ちるので6大中央銀行が
ドル供給のための協調介入です。

選挙のときは、
両建てによるいわゆる選挙トレードはできませんが、

そのかわり、
順張りEAでどんどん利益を取っていく、
という事をしようと思います。

スケジュールを確認しておくと、
日本時間で、

2016年
6月

23日の15時投票スタート

24日の6時に投票終了 →この時点の少し前から相場が著しく荒れ始める

9時 4地域 結果発表

10時 48地域 結果発表

11時 61地域 結果発表

12時 135地域 結果発表

13時 109地域 結果発表

14時 66地域 結果発表

15時 開票終了 最終決定!!!

15時の最終結果で、
どちらかに著しく大きく動きます。

24日は、
歴史に残る日になるでしょう。

残留のパワーが1とすると、
離脱のパワーは2~3です。

24日の24時、25時、26時、27時と、
場が閉まるまでずっと乱高下していると思われます。

そして27日の6時、
大きく窓が開いてのスタートになる可能性もあるので、
25日の5時54分頃に両建て作戦でエントリーしておくのもありかと。

昨日は父の日でした。

子供たちからプレゼントと手紙をもらいました。

父親をしていて良かったと感じる瞬間でした★

それでは今週は歴史に残りますので楽しんでいきましょう~!

コメントを残す

サブコンテンツ

最近の投稿

このページの先頭へ