スワップ金利アービトラージ

こんばんは!

昨夜の小売り指標は楽しかったですね★

やっと大きく動いてくれました。

初動で4pipsだけ取ったら、

もともと102.000円の買いを持っていたんですが、

どんどん踏まれて101.000円でも買いを持ちました。

100.000~102.500のレンジなので利確すると思っています。

同時に、
ユロドルを1.12000で売りました。

もはやBitcoinに存在感を抜かれた感のあるEURという通貨。

1.12な訳ないやろ!と勝手に思ったので売りました。

ドル円もユロドルもプラススワップをほんの少しいただいて引けました。

プラススワップと言えば新興国通貨ですね★

AUD
NZD
ZAR
TRY

などですね。

クロス円の通貨ペアを買うと、
ロールオーバーのときにスワップ金利が付与されますが、

いかんせん新興国通貨って売られやすいです。

AUDJPYなんか、
105円から75円まで売られましたし。

TRYもどこまで沈むか分かりません。

ZARは史上最安値を更新しました。

せっかくもらったスワップもキャピタルで大損すれば本末転倒です。

そこで、
両建て作戦に売ってでます。

例えば、
AUDJPYでいくとして、

カバー先A社は、

買い:500円
売り:マイナス700円

B社

買い:700円
売り:マイナス900円

C社

買い:800円
売り:マイナス1,000円

だったとすると、

買い:C社

売り:A社

にすると、

800円ー700円でプラス100円!

おおおいいじゃん★

こういうのを、
スワップアービトラージと言います。

AUDJPYを同じロット数でFIXし続ける事によって、

永遠にスワップをいただけるという仕組み。

ただ、
これも限界があって、

スワップ金利のレートが変わる事、

両建てとはいえ、
別業者なので片方向に大きく動くと口座破綻、

そもそも素人では不可能。

そこで、
外国のFX業者がこれを実践。

10社以上のカバー先(HSBC、UBS、GS、SAXOなど)を駆使し、

適切なロット数、

その業者内で両建て、例えば1ロットずつ。

これにより、
月利2%を渡せるようになりました。

リスクは、
片方向に5,000pipsいくと口座破綻。

AUDJPYで片方向に50円って相当考えにくいです。

今のレートは77.4円。

127.4円か27.4円に一方的にいけばドボン。

さすがに考えにくいですね(^_^;)

月利2%は、
毎月月初に自分の口座に入るので、
マスターカードをもらえるのでそれで買い物するか、
セブンイレブンで現金引き出しをするか、

HSBCなどの銀行出金も可能です。

もちろん日本の銀行にも出金可能です。

年内に、銀聯カードにも対応します。

円建てなので分かりやすいのがメリットです。

FXで勝とうとすると、
どうしても無理が出てきますので、

勝てる人はほんの一部になってしまいます。

このアービで固定月利2%を確保しながら、

浮いた分で遊ぶのがストレスフリーで気持ち良いです★

アービ開始と同時にインベスターパスを渡されるので、
それで自分のAUDJPYの買いと売りポジションがどんな状態か
自分名義のMT4で常に確認できるのも嬉しい仕様です。

まだセミが鳴っています。。

朝晩は少しだけ、
涼しい風が出てきて秋の香りが顔を出そうとしていますね。

クーラー効きすぎのところにいる事が多いので気をつけています。

今日も得意の上島コーヒーです。

ここは落ち着きます。

木目調の落ち着いた家具にジャズ、
美味しいコーヒー、適度なざわつき。

ここで受験勉強すると、
かなり捗るのでは?って思います。

お盆真っ最中で祖先の存在を再確認しつつ、
楽しくいきましょう~!

コメントを残す

サブコンテンツ

最近の投稿

このページの先頭へ