ドボンしまくると見えるもの

こんばんは!

ネッテラーが日本人は終了してしまいます。

以下全文

申し訳ございませんが、
2016 年 9 月 15 日より、

ギャンブルを目的とする NETELLER が提供する決済処理サービスを
お客様の国ではご利用いただけなくなります。

これに従い、
この日付以降、

お客様には NETELLER を経由してギャンブル運営会社との間で
送金または送金のお受け取りをご利用いただけません。

大変残念ではございますが、
ご理解いただきますようお願い申し上げます。

以上

オーストラリアの次はUKとは。

HSBC HKは大丈夫かな?

日本国憲法や外為法なんてまるで無視ですね。

やってくれます。

昨日、
大阪城港から出ているクルーザーに乗って、

大阪市内の中心街を流れる川を遊覧しました。

って大阪城に港があるのか!

とそこに驚きましたが、

大川や土佐堀川、
寝屋川、第二寝屋川を渡る中で、

まるで天竜人にでもなったかのように

沿岸のカフェで落ち着いている人々に手を振ると、
手を振り返してくれたので嬉しかったです。

大阪城周辺は地下鉄が通っていないので喧騒さもなく、
大阪市内とは思えない静けさと広さでのんびりと時を過ごしました。

どうやら昨日までがお休みだったようですね。

今日から仕事ですが、

相場は関係なく動いているので関係ないですが、

どうもあの指標の時以外動きが鈍いです。

今は単純な逆張りで勝ててしまいますね。

そして調子に乗っていると、
いずれトレンド相場がきたときにし・ば・か・れ・る。

エグスプロージョン風に言ってみましたが、
本当にそうなります。

つまりそれはドボンです。

ドボンとは口座破綻です。

何度言えば分かるのか分かりませんが、

まずは負けから入ります。

ここを、
勝ちから入るからブレるんです。

負けから入るのは、
何ロットのエントリーで、
何pipsの逆行でドボン、というのを先に計算しておきます。

それが明確な指針になって、

それならロット数を半分にしようとか、
5分の1にしようとか、

ストップを何pipsにしようとか、

資金の10%まで勝負したい!
となればストップは何pipsリミットは何pips、

あるいはトレール任せで後はいってらっしゃい状態にしても良いし★

こうする事によって、
メンタルにも相当優しいです。

つまりこれが、
資金管理とメンタルのバランスです。

これをちゃんとしておけば、
ドボンする事はほぼ無くなります。

それを、
何pips取れるなら何ロット張れば何円儲かる、すげ~!

ってやるからドボンするんです。

たったそれだけなのに、
やっぱり自分でドボンしない限り学べないのかな。

ってこういう私も昔はバンバン飛ばしました★

飛ばす=ドボン

8,000ぐらい飛ばしたのかな。

それでやっと見えた、その先の景色。

簡単に真意を述べられるようになりました。

簡単だから伝わらないのか。。

書いていて気付きました。

上記はマヂで真意です。

ただ、
何文字かの短い日本語なので意味が伝わらないのが残念です。

複数回ドボン経験のある方は分かりますよね?

累がおもしろいです。

かさね って読みます。

ガラスの仮面の別物語みたいな印象です。

主人公は、
とてつもなくブサイクな少女。

それが母親の形見である口紅を塗って、

誰かとキスをするとその人と半日ほど顔が入れ替わるという設定。

主人公は化け物のような不細工で、
いじめに遭うわ四面楚歌に遭うわで死にそうなところを、

とてつもなく美人と顔が入れ替わってみたら、

全く違う空気感!
道行く人の美人を見る視線!

何を言っても聞いてくれる感のある人生!

モテてモテてしょうがない!

美人と不細工では人生がこうも違うとはっきり言っている作品です。

それが次第に…

もう1つあります。

クダンノゴトシ

7日以内に必ず死ぬ

という設定でその謎を追求していく話し。

大学生の生い立ちに触れるにつれ、

だんだんと心の闇が浮かび上がる。

クダンという数百年前のおとぎ話が現実になる中で、
それを阻止するにはどうすれば良い?

とそれぞれが思う最高の選択をしますが。。

上記2作品は
TSUTAYAでレンタルしましたが、

まだまだおもしろいマンガはありますね。

次はNANAを読んでみたいです。

私の中で、

火の鳥
ブッダ
銀と金
ドラゴンボール

が基礎になっています。

特に銀と金はあまり知られていないですが、

カイジを描いている福本伸行氏の作品です。

学生時代に読んで、
そうか、人生はこうやって生きていくんやと心に決めた作品です。

今日は火曜日です。

8月後半戦、
楽しくいきましょう~!

コメントを残す

サブコンテンツ

最近の投稿

このページの先頭へ