メンタル面のお話し

こんばんは!

まずは最初に注意事項から。

~FXや株式投資等に関わる注意事項~

FXや先物、株式等の取引はリスクが存在する取引であり、
必ずしも全ての投資家に適した投資手法ではなく、大きな損失を被る可能性があります。
ご自身の投資目的・経験度・リスク管理等を十分にご検討の上(適合性の原則)、
自己の判断と責任に基づいて取引を実施されるようお願い申し上げます。

また、
個々の取引において生じたいかなる損失についても、
当メルマガおよびその管理者は一切の責任を負いかねます。

改めましてこんばんは!

日銀とFOMCで、
マイナス金利と利上げでこれから円が売られドルが買われる。

なんて私は思っていません。

為替介入監視国に指定された我が国と、
新しい大統領はドル安政策をとるのがあるので、

普通に考えて円高ドル安が自然だなと。

そんな、
真逆な思いが交錯しているドル円。

チャートに現れた絶対値が事実です。

そして真実への方向へと是正されていくものですが、
その中で参入と退場を繰り返しています。

チャートを見るのもイヤになってしまった人もいると思います。

自動車を無免許で運転し、
事故を起こしてしまってハートブレイクしているのに似ています。

そもそも勉強も練習もせずに公道を走った自分に原因があります。

少し勉強したら、
あとはデモ口座があるので、
それでブン回してみれば良いんです。

そして次のステップとして0.01ロットで打ってみる。

これは実際のお金を市場にさらしているので、
それなりの緊張感を味わえます。

ただ、
1pips=10円なので、

1円踏まれても1,000円なので緩いな~と思ったら次のステップです。

0.1ロット。

これは前の10倍。

損も得も10倍。

それで打ってみる。

含み損を抱えたとき、
10pipsで1,000円。

50pips踏まれると5,000円の含み損。

それをリアルと置き換える。

5,000円と言えば服は買えるし、
ノーブランドのバッグだって買える。

子供に本も買ってあげられる。

食事にも行ける。

今決済すれば消えてしまう5,000円。

そして決済できない。

塩漬けポジションの完成である。

そこで、
対処方法はいくつかあって、

最も手っ取り早いのがナンピン。

勇気を持って同じ方向にエントリーしてみる。

あまりに一方的なトレンドって考えにくいので、
たいがい勝ててしまうのがナンピン。

ただこれは、
いざトレンドがついたときにはかなり持っていかれるので
ナンピンしたところでそれすらも呑み込まれてしまいます。

そうなるとドボンです。

ナンピンは、
普段は無無敗を誇るが、
いざというときにドボンになるので、

勝率99%で、
たった1度の負けでドボンになる、

いわば麻薬の手法。それがナンピン。

潔いのが、
5,000円の含み損で切ってしまう事。

5,000円であれが買えたこれが出来たと、
悔しい思いは決して忘れず、次の勝負に挑む。

すると、
エントリーするのにより慎重になる。

それでエントリーして良いのか?

MAは?
メガオーダーは?
出来高は?
ロット数は?

などと、

より思慮深くなる。

自分の中で納得できて初めてエントリー。

そしてSLだけ入れてしばらく放置。

数時間後、
含み益に育ってるのを見てホっとする。

ストップを建値に引き直し、

プラス5pipsのところにストップを置き、

10pipsで置き、

ついに100pipsのところにストップを置いた。

スリッページは置いといて、
これで100pipsの利益確定!

以前のマイナス5,000円が
プラス5,000円になった瞬間である。

とまぁ文章にすれば簡単な話しだが、
実現するにはなかなかメンタル面もあって難しい。

bitFlyerというところでBitcoinを買ってみる事にしたが、

結構な手順を踏まされた(^_^;)

メールアドレス、
ケータイ電話、
住所、氏名、生年月日、
銀行口座情報、身分証明書まで、

まるで証券会社と同じだけの必要情報量だが、

これで晴れてBitcoinが購入できるが、

bitFlyerに入金をしなくてはならない。

ここも証券会社と同じ。

入金が先方で確認され、
ログイン後の画面で反映されれば、

晴れて取引が可能となる。

もちろん、
ここで購入したBitcoinは、
自分のBlockchainに送金するが。

2016年9月21日
11:17時点では、1BTC=60,823円 。

今年3月は39,000円ほどだったのに、と
買う段になってこう思うのは素人みたいですね。

長くなったので今日はこの辺で。

27時はFOMCですよ~

それでは楽しんでいきましょう~!

※FXや株式投資等に関わる注意事項

FXや先物、株式等の取引はリスクが存在する取引であり、
必ずしも全ての投資家に適した投資手法ではなく、大きな損失を被る可能性があります。
ご自身の投資目的・経験度・リスク管理等を十分にご検討の上(適合性の原則)、
自己の判断と責任に基づいて取引を実施されるようお願い申し上げます。

また、
個々の取引において生じたいかなる損失についても、
当メルマガおよびその管理者は一切の責任を負いかねます。

コメントを残す

サブコンテンツ

最近の投稿

このページの先頭へ