日経225オプションなど

こんばんは!

「ゆざめ!」

とお風呂から上がって威勢の良い声で叫ぶ二女の姿を見ると
生きてて良かった~!と思います。

二女はまだ小3ですが、
なぜか湯冷めというフレーズと言いますか、
言葉の響きが気に入っていて、

事あるごとにゆざめゆざめ言います。

これはもう、
あだ名をゆざめちゃんしたろかいな、
って思って何度か呼びかけましたが、

いまいち定着には至らなかったです(^_^;)

そこは拒否なんでしょうね★

なかなかの不思議ちゃんです。

そして昔から思っていたんですが、

代替

ってどう読みますか?

だいがえ

と読む人が多いですが、

正しくは、

だいたい

です。

ただ、
あまりにダイガエと読む人が多いので、

今ではダイガエでも正しい日本語として認知されているようです。

これは聞き方によるんでしょうけど、
代替を何て読みますか?って聞いたら
少し身構えるので、ダイタイと答えたりしますが、

何の気なしに自然に使う言葉としては、
ダイガエと言ったりしますね。

投資のFPらしくオプションの話しをしますが、
以前お話しした内容に付記する形で、

本人のリスク許容度に合わせて、
だいたいの月の利回りをあらかじめ設定できます。

月利で10%ほしい場合は、
元本割れのリスクも10%ありますよ、という意味合いです。

最大80%まであって、
そこまでいくとかなりアグレッシブな運用ですね。

月利10%=損失10%
  20%=20%
  30%=30%
  40%=40%
  50%=50%
  60%=60%
  70%=70%
  80%=80%

という感じです。

私自身は「30%」で設定しています。

3割ぐらいならまだ許容範囲だと思うので。

友達は50%だそうです。

攻めますね~♪

もう一人の友達は、10%でした。

人によってさまざまなリスク許容度ですね。

例えば、
14750円あたりでプットの買いを10円ぐらいで新規建玉を入れたとして、

日経平均が3,000円ぐらい下げたら、
それは300円は超えてくるのでかなり楽しい事になりますが、

なかなかそんな場面に出くわさないのが現状です。

それが今月来てしまいましたが(^_^;)

21年ぶりだとか。

通常は売り建てなので、
逆指値は必ず入れておかないとヤバいな、
というのが改めて分かりました。

1995年当時、
相場なんて知らなかったですね。。

大学出たてでした。

何なら、
にゅ~よ~くだうって何?

ぐらいの勢いでした。

当時は法学部の「卒論」を出すのに必死でした。

それが今では卒論が別の意味でも使われるようになって、
時代の変化を感じます★

今の大学生は卒論がないところもあるそうで、
めっちゃうらやましいです。

明日は待望の福井県です♪

この数日間、
大阪は1滴も雪が降りませんでしたが、

福井県では雪は降っているはずなので、
多分スベってコケます!

まるで初めてスケートをする人が
いきなりスケートリンクの中央に放り出されたかのような
ダサい振る舞いになると予想しています!

それにしても福井県はめっちゃ良いですよ。

正月は家族を福井県に連れていったぐらい好きです。

何も日本は東京と大阪だけではないんやぞ、
といわんばかりの存在感があって、

街並みがとてもきれいです。

しかも、
道を真っ直ぐ歩くことができるのがとてもすがすがしいです。

そして金曜日は熊本に行きます。

道をまっすぐ歩けるかどうか検証してきます!

ってそこかぃ~?!!

川島アドレス
kawashimayuji1973@gmail.com
info@kawashima-cfp.com

登録フォーム
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=Uumlxu

コメントを残す

サブコンテンツ

最近の投稿

このページの先頭へ