第1回<外貨は必要!>

こんばんは!

今日から3回に分けてまじめにお話しします。

ファイナンシャルプランナーとしても今の日本の現状では
お金をためる、お金を守る、お金を増やす!難しいのです。

日本の定期預金は0.02%
年金は財源が足らなく税金でカバーされています。
日本だけでなく海外にむける目を持っていただきたいのです。

私は当たり前のように認識していますが、
その温度感を合わせるためでもあります。

———————————————–

第1回<外貨は必要!>

日本で生活していると円だけあれば良い、
外貨は海外旅行の時だけ必要!と思っていませんか?

「外国為替相場なんて、海外旅行に行く時しか関係ないよね」
と思っている人も多いと思いますが、
為替の変動は私たちの日常生活にも大きく影響しています。

日本の借金はいくらか?
そう1,000兆円を超えています。
10年前は500兆でしたが増税しても増え続けています。

2013年4月、日銀の黒田総裁が発表した
「毎年2%物価を上昇させる」
これはお金の価値が2%下がる=目減りする・・を意味しています。

分かりやすく言うと、
通帳に100万あるお金が1年後は98万になったということです。

又は、
100万のお金が1年後は98万円分しか買い物できない、を意味します。

(分かりにくいのは、1年後も同じ100万円だという事。。。)

どちらにしても円の価値が下がります。
5年で10%と言うことになります。

円とドルはシーソーになっていて、
円が上がるとドルが下がる、円高・円安になります。

では、
資産を全て円で持っておくのと、

50% 円資産
50% ドル資産

ではどうでしょう。

資産価値は減らないのです。

質問に回答いただきましたらうれしく思います。

切り取り————————————————-

外貨は必要だと思いますか?

1.必要だと思う
2.証券会社で外貨を保有している
3.よくわからない

ご意見ありましたらお書きください。

切り取り————————————————-

※FXや株式投資等に関わる注意事項

FXや先物、株式等の取引はリスクが存在する取引であり、
必ずしも全ての投資家に適した投資手法ではなく、大きな損失を被る可能性があります。
ご自身の投資目的・経験度・リスク管理等を十分にご検討の上(適合性の原則)、
自己の判断と責任に基づいて取引を実施されるようお願い申し上げます。

また、
個々の取引において生じたいかなる損失についても、
管理者は一切の責任を負いかねます。

コメントを残す

サブコンテンツ

最近の投稿

このページの先頭へ