統計手法

こんばんは!

相場で勝つにはまず「統計」が有効です。

ただ、本当にドロくさいです(^^ゞ

例えば、
13時ジャストから18時ジャストまでのUSDCHFは上がったのか
または下がったのか、高低差は何PIPSか?

リミットを入れたほうが良かったのか、
ストップは50PIPSが最適だったのか、
80PIPSなのか、勝ち玉や負け玉ではどう機能したか、

もしくは13時09分から17時53分が良かったのか、

うんたらかんたら

・・・・

本当にキリがありませんね(^^ゞ

しかし、
こういったドロくさい作業を経ると、
「はは~ん、そういう事か、少しずつ見えてきたぞ」
と次のステージに行っている訳です。

ただ、
私自身、これをツール化して使っています。
まじめにノートに取っている人からすれば、
かなり「ズルい」と思います(^^ゞ

あの場合ならどうなったのか、
これならどう?とか、あらゆる場面で
タイムマシンのごとく、チェックする事ができます。

それでやたら勝っているポイントがいくつも見つかってきます。

それをたくさん見つけて、
あとはひたすらその通りに売買するだけです。

統計が意味をなすのは
200回以上、同じ売買をしてからになりますので、
そのポイントが勝てるかどうかの結果はもう少し先になりますが、

自動売買の場合は完全放置でOKなので、
空いた時間を他の事に使えます★

いわば、
泥臭い時間をカットして、
進歩的な時間に変換することができるので
とても革新的なツールだと私は思っています。

時間は地球人全員が共通して過ぎ去っていくものなので
ある意味お金よりも大切な概念だと思いますが、
その時間を大幅にカットできるのはとても嬉しいですね。

そのおかげで、
他の方の相談に乗ったり、
他の手法の自動売買も試してみたり、

エアビーやゴールドの物販など、
他の案件についても時間を使う事ができるのでとても有意義ですね。

今日という日が人生で最も若い日なので、
日々、できるだけ楽しく過ごすためにがんばります。

片方で、
あれな案件もたくさんあるので、
本当に気をつけてくださいね★

ここらへんのお話しは、
オフラインでしますね。

コメントを残す

サブコンテンツ

最近の投稿

このページの先頭へ