金利差

こんばんは!

102円のドル円は無事に決済しました♪

次は103円Sell Limitにしています。

ついでにEURUSDも1.13でSell Limit!

次のショックはユーロ圏発という説が濃厚です★

海外に行く機会が多い私は、
最近感じることがあります。

アジアで日本人観光客を見なくなったことです。

え~そうなんですか?と思われますでしょう

3年前ぐらいから
韓国、香港、中国の南部では減っています。

その分中国人がバリバリ多いですね★

アベノミクスで景気が悪いのか、
収入が減ってきているのも原因のひとつかも知れません。

第2のメールは「海外口座と日本の口座の違い」についてお話しします。

———————————————

あなたが持っている通帳は円だけですね?

えっ!?そんなの当たり前よ!

これが日本の常識であり、
海外からみると非常式なのです。

中国の口座は、人民元、米ドルの2通貨あります。

イギリスの口座 12通貨
香港の銀行 12通貨
カンボジアの口座 3通貨
フィリピンの口座 2通貨

などです。

金利はどうでしょう!

■日本 0.02%
では新興国の定期預金の金利は?

■中国
ICBC銀行、HSBC銀行、交通銀行・・3%

■マレーシア
HSBC銀行 ・・3.3% 
 Citiバンク・・3.2%

■ ベトナム
ACB銀行・・5.9%  
HSBC銀行・・4.06%

■インドネシア
Mandiri銀行、HSBC銀行・・7.5%

■トルコ
Garanti銀行・・9.5%

■カンボジア
アクレダ銀行、Canadia銀行・・8.0%

■モンゴル
Golomt銀行・・15.84%
Khan銀行・・15.1%

昔は、
日本の銀行も5%や8%の時代がありましたが、もはや過去のことです(^_^;)

金利差と便利さ、
自分名義の海外を持ち、
外貨を保有してみてはどうでしょう。

————————————————–
次回、第3回メールは「資産運用について」です。

質問に回答いただきましたらうれしく思います。

切り取り————————————————-

海外口座は必要だと思いますか?

1.必要だと思う
2.すでにもっている
3.口座を開設してみたい

ご意見ありましたらお書きください。

切り取り————————————————-

※FXや株式投資等に関わる注意事項

FXや先物、株式等の取引はリスクが存在する取引であり、
必ずしも全ての投資家に適した投資手法ではなく、大きな損失を被る可能性があります。
ご自身の投資目的・経験度・リスク管理等を十分にご検討の上(適合性の原則)、
自己の判断と責任に基づいて取引を実施されるようお願い申し上げます。

また、
個々の取引において生じたいかなる損失についても、
当メルマガおよびその管理者は一切の責任を負いかねます。

コメントを残す

サブコンテンツ

最近の投稿

このページの先頭へ